ミノクソールでAGA対策をしよう!

ミノクソールとAGA

バイアグラ

ミノクソールは、AGAに対して高い効果を発揮するミノキシジルの内服薬です。

日本ではミノキシジルといえば外用薬に含まれている成分として知られていますが、実は内服薬タイプのものも作られており、それがミノキシジルのタブレットとなります。

もともとは高血圧治療薬として作られましたが、外用薬のミノキシジルと同じように副作用として多毛症がみられることから注目されるようになり、AGAの改善に使われるようになりました。

抜群の発毛効果があり、外用薬のミノキシジルよりも高い効果を得られるとして、AGAで悩む方々の間でかなり有名になっています。

インターネットにもさまざまな情報があるので、AGAの改善方法について調べているときにミノキシジルタブレットやミノクソールというワードを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

AGA治療に効果を発揮する内服薬では、ほかにもプロペシアがあります。

プロペシアとミノクソールはどのような違いがあるのか、密かに気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プロペシアはAGAが原因で起きる抜け毛を予防する作用があるのに対し、ミノクソールは発毛を促す効果があり、これが大きな違いになっています。

より高い発毛効果を得たい方は、ミノクソールを選ぶことをオススメします。

ミノキシジルタブレットの製造元

ミノキシジルタブレットは、さまざまな製薬会社が製造・販売しています。

このうち、もっとも有名な製造元はアメリカのファイザー社で、ロニテンという名前で販売されています。

このロニテンのジェネリック薬がミノクソールになります。

ミノクソールはインドのスマート社が開発しており、日本人が開発に関わっているため日本人向けの商品開発を行っておりおすすめです。

ほかにもインドにあるサイノファーマシューティカルズ社やロイドラボラトリー社で作られており、どちらもミノキシジルタブレットという名前で製造されています。

AGAを改善するためにミノキシジルタブレットを試してみたいと思ったときは、まずはこれらの会社で作られているものから試してみることをオススメします。

ミノクソールの有効成分であるミノキシジルについて

ミノクソールに含まれている有効成分は、ミノキシジルです。

この成分は、もともと高血圧の治療をするために開発された成分で、血管を拡張して血圧を下げる作用をもっていました。

ところが、ミノキシジルで高血圧治療をしている患者に副作用として多毛症がみられ、血管拡張作用だけでなく発毛作用もあることがわかりました。

発毛剤として注目されるようになったのは1965年で、そこから15年後の1980年代後半、ミノキシジルの副作用を応用した発毛剤が登場しました。

頭皮の血液の流れを改善する作用と、毛母細胞を活性化させる作用があり、悪くなっていた血液の流れを良くすることで栄養が毛母細胞へ十分届くようにすることで発毛効果を発揮するのが特徴です。

ミノキシジルタブレットとミノキシジル(液体)の違い

ミノキシジルタブレットと、外用薬のミノキシジルに含まれている有効成分は同じです。

どちらにもミノキシジルが配合されているので、しっかりと続けることで効果的にAGAを改善できます。

では、有効成分がどちらも同じなら、ほかにどのような違いがあるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もっとも大きな違いは外用薬や内服薬かの違いですが、ミノキシジルタブレットと外用薬のミノキシジルには、ほかにもさまざまな違いがあります。

まず、ミノキシジルタブレットは日本にも海外にもAGA治療薬として認可されたものがないという違いがあります。

外用薬のミノキシジルは認可されたものがありますが、ミノキシジルタブレットは高血圧治療薬としての認可を受けたものしかありません。

つまり、高血圧の治療に効果があると国からのお墨付きを得ていますが、薄毛を改善してAGAを改善する効果があるからAGA治療薬に使えるというお墨付きは得ていないということになります。

そのため、AGAや薄毛を改善するためにミノキシジルタブレットを使う場合、完全に自己責任になります。

これはミノキシジルタブレットを使う際の注意点にも含まれているので、しっかり覚えておきましょう。

また、ミノキシジルタブレットと外用薬のミノキシジルは、効き方にも違いがあります。

外用薬のミノキシジルは頭皮に薬液を塗って使うため、有効成分は皮膚から吸収されます。

これに対し、ミノキシジルタブレットは体内に薬を入れるので、消化管から成分が吸収されます。

消化管から吸収された成分は血液に溶けて全身に行き渡るので、限られた範囲しか行き渡らないということがなく、より高い発毛効果を発揮します。

さらに、ミノキシジルタブレットは血液に成分が溶け込んでいる間、それが少しずつ頭皮に運ばれるので、効果が持続しやすく長持ちするといえます。

インターネットでミノキシジルタブレットについて調べると、より高い発毛効果が得られるという情報が多く出てきますが、効き方にこのような違いがあるためです。

しかし、ミノキシジルタブレットは効果が高い反面、副作用も現れやすいという注意点があります。

外用薬のミノキシジルは副作用が少ないといわれているので、ここもミノキシジルタブレットと外用薬のミノキシジルの違いといえるでしょう。

外用薬以上に簡単に育毛を続けることができますが、効果が高い分、扱いは少々難しい部分があるので注意が必要です。